外交部 米が両国首脳の重要な合意を完全に実行すべき

2022-12-02 19:13:29  CRI

 米国のブリンケン国務長官がまたもや中国の顔に泥を塗る発言をしたことについて、外交部の趙立堅報道官は2日の定例記者会見で、「米国の発言は事実をわい曲しており、冷戦思考とイデオロギー的偏見に満ちたものだ」と指摘しました。

 報道によれば、米国のブリンケン国務長官は11月30日の北大西洋条約機構(NATO:North Atlantic Treaty Organization)外相会合後、記者団に「NATOは中国が引き起こしている挑戦を認識している。米国は中国の強権的な政策や虚偽の情報の流布などに対して強い関心を寄せ続けている」と述べました。

 趙立堅報道官はこれに対し、「米国は冷戦時代に『モッキンバード作戦』を発動して、メディアを買収して世論を操作し、今世紀には『粉末洗剤』『ホワイトヘルメット』にかこつけてイラク、シリアに戦争を仕掛け、さらには世紀のうそをでっち上げて中国の新疆政策を中傷するなど、米国が偽の証拠やフェイクニュースをでっち上げたことはとうの昔に世界の人々の常識だ」と強調しました。

 趙報道官はさらに、「米国は建国以来の約250年間に戦争をしていなかった期間はわずか16年しかなく、世界に800カ所以上の海外軍事基地を擁している。米国はイラク、アフガニスタン、リビアなどの国々で軍事行動を展開し、無数の人道的悲劇をもたらした。米国の軍事費の総額は世界一で、それに続く9カ国の軍事費の合計に相当する」と述べました。

 趙報道官はまた、「米国は中国への中傷攻撃を即刻やめるべきだ。健全で安定した中米関係の維持には双方が共に努力することが必要だ」と強調しました。(MOKU、坂下)

ラジオ番組