世界チームチェス選手権で中国が優勝=エルサレム

2022-11-26 18:21:23  CRI

 2022年の世界チームチェス選手権が現地時間20日から25日までエルサレムで行われました。中国からは温陽氏、許翔宇氏、白金石氏、盧尚磊氏、李荻氏の5人の棋士が出場し、複数の対局を経て、最終的に2回の決勝戦でウズベキスタンを下して優勝しました。  

決勝で中国チームがウズベキスタンを下した

2022年の世界チームチェス選手権 で中国チームが優勝

 世界チームチェス選手権は2年ごとに開催される世界最高レベルのチェスの団体戦です。今大会には中国、フランス、米国、オランダ、イスラエルなど12チームが参加しました。

 今回の中国チームの棋士はいずれも若く、監督兼選手を務めるグランドマスターの温陽氏を除く4人はいずれも初参加でしたが、ためらいのない戦いぶりを見せました。グループリーグでは4勝1分けでグループ1位で昇格し、準々決勝でポーランドを、準決勝でスペインを下し、全試合で唯一の無敗を維持したチームとなりました。

 なお、2位はウズベキスタン、3位はスペイン、4位はインドでした。(藍、謙)

 

ラジオ番組