海南航空、20日からペットも一緒に客室に

2022-09-19 13:27:30  CRI

 中国の四大航空会社の一つである海南航空は20日から、客室でのペット同乗サービスを再開し、乗客はペットを機内に連れて入ることができるようになりました。国内航空会社でペット同乗サービスを提供するのは、海南航空が初めてです。

 このサービスの適用対象は規定に合致した犬と猫です。乗客は有料のサービスを申し込めば、ペット同伴サービスが受けられます。ただし、各便の引き受けペット数は限られています。輸送中のペットの安全を確保するため、客室乗務員が確認作業を行い、飼い主は何か問題があれば、随時客室乗務員に声をかけることができます。また、飛行終了後、客室清掃員がその乗客の座席と周辺を重点的に清掃するなど、万全な対策を取ります。

 この客室へのペット同乗サービスを利用するには「申込者が成人で、赤ちゃんや子供が同乗しないこと」「同乗できるペットは乗客1人につき1匹」「ペットとペットキャリーケースの重さが合計5キロを超えないこと」などの条件を満たすことが求められます。また、「動物検疫合格証明書」やペットワクチン接種証明書、運送合意書の提出が必要です。(朱、坂下)

 

ラジオ番組