各国の関係者がペロシ氏の台湾訪問を非難

2022-08-05 14:07:38  CRI

 ペロシ米下院議長の中国台湾地区訪問について、各国の関係者は「ペロシ議長の台湾訪問は中国の主権と領土保全に対する重大な侵害であり、国際法と国際関係の基本準則を著しく踏みにじるもので、国際社会の非難を浴びるのは必定だ」と声を揃えています。


イタリアの社会学者、ピノ・アルラッキ氏

 元国連事務次長を務めたイタリアの社会学者、ピノ・アルラッキ氏は、「これは中国に対する公然とした挑発だ。台湾の状況は誰もが知っている。何万キロも離れた米国がそれに干渉しようとするのは国際法違反だ」と非難しました。


フィリピンのコラムニスト、李天栄氏

 フィリピンのコラムニスト、李天栄氏は、「米国は今、景気が後退し、政治も分裂に陥っている。米国はアジアやその他の国々にとってトラブルメーカーであるだけでなく、全世界にとっても大迷惑だ。(ペロシ氏のこの行動は)安定を損ない、米国の現在の政治的混乱を表している」と語りました。


ロシアの専門家らが出席した会議

 ロシアの国際関係専門家イワン・ティモフェイエフ氏は、「ペロシ氏のこの行動は、中国を挑発するための米国の長期にわたる計画的な動きだ」と非難しました。一方、ロシアの中国問題専門家であるマスロフ氏は、「台湾問題は中国の内政に属し、米国の挑発は国家主権と領土保全を守る中国の決意をより確固たるものにするだけだ」と批判しました。(ミン・イヒョウ、坂下)

ラジオ番組