中国、上半期の海洋経済総生産は4兆2000億元

2022-08-04 13:42:26  CRI

 自然資源部の3日付発表によりますと、今年上半期の全国の海洋総生産(GOP)は前年同期比1.2%増の4兆2000億元(約83兆1600億円)で、主要経済指標は合理的な範囲内にあり、海洋経済の安定回復傾向は明らかです。 

 上半期には、海洋伝統産業が回復傾向を示し、海洋原油の生産量は前年同期比7.4%増、天然ガスの生産量は同12.4%増で、一部の油田プロジェクトで相次いで操業が開始されました。沿海地域の風力発電量は同20%近く増加しました。港の貨物取扱量とコンテナ取扱量はともに増加し、海洋貨物輸送量は同1.4%増でした。造船三大指標(海洋船舶の竣工量、新規受注量、手持ち受注残高)は引き続き世界1位を保っています。 

 多くの海洋経済指標が上向きになる中、上半期には、海洋対外貿易も順調に伸びました。海運輸出入総額は前年同期比18.2%増で、うち輸出は同23.1%増、輸入は同11.5%増。水産物の輸出入額は同22.3%増でした。(閣、柳川) 

 

ラジオ番組