累計成約額は100億元超 第2回消博会は中国市場の活況をアピール

2022-07-30 14:20:02  CRI

 第2回中国国際消費財博覧会(消博会)は今日、30日に閉幕します。25日の開幕以来、数日間にわたる会期中、毎日平均100点以上の新製品が初披露され、プロモーションイベントも100回以上、集中的に行われました。

 博覧会は一般に公開された2日間に契約が集中し、合意に達した累計成約額は100億元(約1977億円)を超えると見込まれており、バイオテクノロジー、サービス消費、家庭生活などのさまざまなジャンルを網羅しています。消博会の予定通りの開催と中国の一連の消費促進政策の集中的なリリースは、消費の回復のレベルアップに向けた「カンフル剤」となり、多くの企業が消博会で次々と大口の契約を結んでおり、中国への投資を拡大させています。

 消博会は一般公開日初日の29日、1日当たりの入場者数が過去最高を更新しました。消博会の開幕以来、入場者数は延べ22万人を超え、会場での消費額は3億元(約59億円)を超えました。(帥・井上)

ラジオ番組