過去10年間の科学技術への資金投入を発表 

2022-06-06 12:34:47  CRI

 中国共産党中央宣伝部は6日午前、「中国のこの10年間」をテーマとした記者会見を行い、「イノベーションによる発展戦略の実施と科学技術強国の建設」の関連状況を紹介しました。

 中国の科学技術への資金投入はこの10年間大幅に増加し、社会全体の研究開発経費は約1兆300億元(約20兆円)から2兆7900億元(約55兆円)に増え、世界2位となっています。また、基礎研究の経費は10年前の3.4倍に達し、過去最高額となっています。

 また、科学技術人材の数も絶えず厚みを増し、2021年の研究開発者の総数は2012年の1.7倍となる562万人と予想され、世界1位を保っています。また、1万人当たりの発明特許保有件数は2012年の3.2件から、2021年は19.1件に増えました。PCT特許出願件数は2012年の1万9000件から2021年は6万9500件に増加し、3年連続で世界トップとなりました。このうち、2021年の技術契約の成約額は3兆7294億元(約73兆円)で、2012年の5.8倍となり、GDPに占める割合は3.26%に達しました。(閣、坂下)  

ラジオ番組