核汚染水の処理問題、日本は十分に信頼できる説明を=外交部

2022-05-24 22:20:27  CRI

 報道によりますと、国際原子力機関(IAEA)のグロッシー事務局長は先週、日本の福島第一原子力発電所を訪問し、核汚染水の処理問題について日本の政府関係者と会談したということです。これについて、外交部の汪文斌報道官は24日の定例記者会見で、「日本はIAEAに全面的に協力し、十分に信頼できる説得力のある説明を行うべきだ」と述べました。

 汪報道官は、「IAEAの技術チームは、海洋放出案以外の処理方法について評価しなかったため、核汚染水処理の最善案について十分な評価をすることができなかった。技術チームの作業と同時に、日本側は海洋放出計画の審査手続きを強行的に推し進め、海洋放出のためのインフラ建設をスタートさせた。各方面の懸念を無視し、海洋放出を既成事実化しようとするのは無責任なやり方だ」と批判しました。(鵬、MN)

ラジオ番組