赤子情懐——習近平氏と父親の物語

2022-05-24 14:45:40  CRI

 「父がこつこつと中国人民のために尽くす姿は、生涯を人民に奉仕する事業に全力を注ぎ込む上で、励ましとなった」。習近平国家主席は、父親の習仲勲氏について、長寿を祝う手紙の中でこうつづっています。  

 習近平氏は「父から受け継ぎたい、吸収したい尊い品性がたくさんある」と述べています。その一つが「赤子情懐(祖国に忠実な人の心中にある祖国を愛する気持ち)」です。  

 「私は農民の子だ」  

 習仲勲氏は「民衆の中から選出された民衆の指導者」です。よく「自分は農民の子だ」と言い、常に自らを労働者の一員としていました。 

△習仲勲氏 1946年に中国・陝北で撮影  

 習仲勲氏は、20歳に満たないうちに中国北西部にある陝甘辺根拠地の創設に身を投じました。陝甘辺根拠地の創設を巡る闘争の中で党と民衆の間に築き上げられた固い絆を振り返り、「民衆の支持なくして、われわれの全てはない」と述べています。  

 習仲勲氏が当時、陜甘辺根拠地で執務していた場所は毎日、人で埋め尽くされていました。最も気心の知れた友人と見なされていたからです。 

△陝甘辺根拠地にある習仲勲氏旧居の庭  

 習近平氏は「父方の祖父は農民で、父は農民から革命の道を歩んだ。私自身も7年間、農民として働いていた」と話しました。農家出身という素朴な感情はずっと心に刻み込まれています。  

 1969年、当時16歳に満たなかった習近平氏は、知識青年として、北京から陝西省の梁家河村に赴きました。陝西北部で知識青年や農民として過ごした2400日余り、黄土高原の村人らと共に食べ、暮らし、働きました。  

 習近平氏は「お腹がすいたら村人らがご飯を作って食べさせてくれた。服が汚れたら洗ってくれた。ズボンが破れたら縫ってくれた。彼らは私心なく私を助け、守ってくれた。特にその純粋で素朴な人柄から良い影響を受けた」と振り返りました。  

 習近平氏は梁家河で、地元の住民と深い絆で結ばれただけでなく、中国の農村とは何か、庶民の喜怒哀楽とは何か、中国の基本的な国情とは何かを深く理解しました。  

 「人民を真に念頭に置く」  

 2021年9月、陝西省楡林市を視察した習近平氏は、習仲勲氏が務めていた中国共産党綏徳地区委員会の跡地を訪れました。 

△中国共産党綏徳地区委員会の跡地を視察する習近平氏(2021年9月14日)  

 展示室では、「常に庶民の側にしっかり立つ」と書かれた一行が目立っています。  

 「『しっかり』という意味の『端端的』は関中地方の方言だ」。習近平氏は改めて習仲勲氏が話した故郷の方言を思い出しました。  

△広東省で地元企業を視察する習仲勲氏 

 政治の道を歩み始めた習近平氏は、習仲勲氏から「どんなに偉くなっても、人民に奉仕すること、庶民を常に思い、民衆に親しく関わり合うことを忘れてはならない」と言われました。  

 習近平氏は父親のこの言葉を心に銘記しました。1980年代初頭に河北省正定県の党委員会書記を務めた習近平氏の印象について、人々は「暇している時はなかった」と話しています。 

△河北省正定県の党委員会書記を務めていた習近平氏(1983年) 街中で庶民の声を聞く 

  1988年、習近平氏は福建省寧徳市の党委員会書記に転任しました。視察のため寧徳市寿寧県の最も辺ぴな山奥に赴いた際、川を渡り山を越え、朝7時半から正午まで歩き続けたことを、地元の人々はいまだに覚えていて、「村にやって来た最もお偉いさんだった」と話しています。  

 「人民は山河、山河は人民だ」  

 習仲勲氏は生涯を通じて中国の革命、建設、改革の各歴史的時期を経験しました。新中国成立50周年の祝賀大会で、天安門の上から式典に参列し、「人民をいつまでも忘れることはできない。人民は山河、山河は人民だ」と感慨深く述べました。

△河北省阜平県竜泉関鎮駱駝湾村で貧困村民を見舞う習近平氏(2012年12月30日) 

 習近平氏はこの「人民は山河、山河は人民だ」という言葉をよく語りました。  

 2012年の中国共産党第18回全国代表大会以来、習近平氏は全国に14ある集中連片特困地区(特に貧しい地区)を全て訪れ、50回以上にわたって貧困扶助活動を調査・研究しました。そして、必ず「真の貧困状況を自分の目で見る」ことから「真の貧困脱却の実現」を目指すというこの歴史的責任を自分の肩に載せたのです。 

 習近平氏は「世界で最も貧しい場所」と呼ばれた甘粛省中部を視察した際、農家を訪ね、わざわざ水をくみ取って飲んでみましたが、その水のまずさに眉をひそめました。この一幕は周りの人々の脳裏に刻まれました。習近平氏はその後、甘粛省渭源県にある洮河の水を中部に送る水利工事現場をわざわざ視察し、地元および随行した国の関係部門の責任者に「庶民の生活と水供給を最優先する」との言葉を伝えました。  

 2017年10月25日、習近平氏は中国共産党第19期中央委員会第1回全体会議で、「党と人民が歴史の重任を私たちに任せたのは、私たちに対する高度な信頼と切実な期待である。私たちは初心を忘れず、使命を銘記し、職務を厳守し、勤勉に仕事をし、党と国に身を捧げ、献身的に奉仕し、小康社会の全面的完成や、新時代の中国の特色ある社会主義の偉大な勝利を勝ち取るために奮闘しなければならない」と指摘しました。 

 「我将無我、不負人民(私は無我になり、人民に背かない)」。この言葉はまさに習近平氏と父親との共通の願いなのです。(周、閣、柳川) 

ラジオ番組