会員登録

1時間目 中国特産巡り、祁門紅茶(キーマン紅茶)

2018-02-02 19:04:34     cri    


 祁門紅茶(キーマン紅茶)は、中国工夫紅茶の代表格で、インドのダージリン、スリランカのウバと並ぶ世界三大紅茶の一つです。蘭の花を彷彿とさせる独特な香りとコクのある味わいで、茶葉は黒色、水色は鮮やかな赤です。

 安徽省黄山市祁門県付近で清の時代から作られている歴史の長い紅茶であり、世界中で高い人気を誇っています。特にイギリスにはキーマン紅茶のファンが多いと言われています。

 祁門県の祁門紅茶工場は1875年に創業しましたが、現地の人が飲���ことはなく、イギリス向けの製茶を続けてきました。イギリス人はこれに牛乳を入れて飲む方法を持ちます。

 

 祁門紅茶は1915年のパナマで開かれた世界食品展のモンドセレクションで金賞を受賞したことから、国際的評価を得ました。イギリス貴族が愛飲したことによって更に流行するようになりました。

 今日の番組では、祁門紅茶(キーマン紅茶)の歴史や特徴、美味しいお茶の淹れ方などを詳しく紹介します。是非、お聞きください。

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS