会員登録

9月14日 木曜日

2017-09-14 19:26:23     cri    

一時間目 白居易と『長恨歌』(上)

 「ハイウェイ北京-CRI中国情報ラジオ」木曜日1時間目のオープニングトークは、国慶節の大型連休の過ごし方についてです。今年は、国慶節(10月1日)と中秋節(10月4日)の組み合わせで、連続8日間の休みとなりますが、国内・海外旅行者数ともに過去最高になる見込みです。

 「チャイナエクスプレス」のコーナーでは、「2050年に中国の高齢者数は4.8億人、高齢者介護産業が『金鉱』に」という、人民網の記事をお伝えします。

 また、「読書の時間」は、「中国古代名人録」第34話、唐詩を代表する中唐の詩人、白居易(はくきょい)とその代表作の一つ『長恨歌(ちょうごんか)』の前半ご紹介します。白居易の字は楽天で、白楽天とも呼ばれます。29歳で進士に合格し、官僚として過ごし、多くの詩を残しました。その代表作は『長恨歌』の他に『琵琶行』があります。彼の詩は平易な言葉でわかりやすく、広く大衆に受け入れられ、「詩魔」または「詩王」と呼ばれていました。

 『長恨歌』は非常に有名な長編叙事詩で、本文が840文字からなり、安史の乱を背景とした玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋を詠うものです。次回はその後半をお届けしますので、どうぞお楽しみに。

二時間目 最近のニュース・出来事&ヤオ族

 「ハイウェイ北京」木曜日二時間目の前半は中国のニュース、出来事、イベントなどをご紹介する「中国暦」、後半の「56の民族、56輪の花」のコーナーでは広西チワン族自治区のヤオ族(瑶族)についてです。

 中国暦は、新学期の9月に大学に入学した2000年生まれの若者の特徴、1日平均4000本運行している中国の高速鉄道の事情、来月の中秋節をめぐる話題についてお伝えします。

 「56の民族、56輪の花」は広西チワン族自治区を主な居住���とするヤオ族についてです。2000年ほど前の秦の時代に長江中流地域に居住していたといわれるヤオ族。その後、次第に南へ移動し、現在は、全体としては分散し、一定の地域に集中しています。ヤオ族の人口は、2010年の国勢調査で279万6千人であることが分かり、中国の少数民族の中で12位にランクインしています。居住する地域は広く、自然環境がそれぞれ異なっているため、社会経済の発展は非常にアンバランスで、大部分は農業や林業に携わっていました。現在は、少数民族の発展を支援する国の政策によって、ヤオ族地区の経済と文化事業は大きな発展を遂げ、暮らしが大きく改善されています。

 また、ヤオ族は、踊りが上手な民族で、ヤオ族の長太鼓踊りが有名です。伝統的な祝祭日、旧暦の三月三日、六月六日、特に旧暦の10月16日の「盤王節」には、長太鼓踊りが盛んに行われます。昔は、家族単位で行った長太鼓踊りですが、現在では職場や政府が主催するようになっています。2008年、ヤオ族長太鼓踊りは国の無形文化財として登録されました。 詳しくは番組をどうぞお聞きください。(Mou)

関連ニュース
関連内容
v 9月7日 木曜日 2017-09-07 19:28:25
v 8月31日 木曜日 2017-08-31 17:52:15
v 8月24日 木曜日 2017-08-24 18:17:25
v 8月17日 木曜日 2017-08-17 18:30:17
v 8月10日 木曜日 2017-08-10 17:28:33
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS