会員登録

董必宏

2017-07-17 17:12:08     cri    

 1958年、北京生まれ。子供頃から、中国近現代名家・李苦禅を師とし、中国の水墨画の1つの表現手法「写意画」を学びました。1970年代、香港に移民した後、象牙細工に従事していました。これまでの数十年間、中国唐と宋の時代、日本の象牙彫刻の技術を参考にしながら、写意画の描き方を応用した自らの特徴を形成しました。90年代、フランスのパリに事務所を開き、東方芸術品の投資と交流を行っています。

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS