会員登録

徐金泊

2017-02-28 12:51:03     cri    

 

 1954年北京生まれ。北京美術家協会会員、李苦禅芸術研究会副秘書長。

 17歳から北京画院の画家・林冠明氏について山水画を勉強し始め、1979年に有名な画家・許麟盧氏に弟子入りし、その後有名な画家・李燕氏からも長きにわたり指導を受けました。

 1986年に中国中央工芸美術学院(1999年11月に同学院は清華大学と合併、清華大学美術学院に改名)に入り、「大写意」花鳥画に専攻し、斉白石流派の草と虫の細密画が得意です。

 2012年に招きに応じ、中国ドイツ国交樹立40周年「中国ドイツ文化イヤー・魅力の北京」文化ウィークに参加し、「中国ドイツ文化使者勲章」を授与されました。2014年11月、作品『双魚図』が北京APEC紅亭絵画展に出展。2015年、作品『水中彩錦 和諧共生』がCRI主催の「和して同ぜず・東北アジア書画展」の北京展示会と湖北省黄岡展示会に出展。

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS