中国各地 茶摘み作業真っ最中

2022-03-17 13:28  CRI

 中国各地が茶摘みの時期を迎えています。生産者は今年の茶葉市場について楽観的な見通しを持っています。

 中国東部・安徽省黄山市にある小川村の茶園では、農家の人々が、若葉を摘んでいます。今年は茶葉の成長具合が良く、質の良いお茶になるということです。ここ小川村では、品種改良したチャノキを導入したことで、買取価格が高まりました。例年は500グラムにつき75元(日本円約1400円)でしたが、今年は85元(日本円約1600円)に値上がりしています。

 一方、広さ2万ヘクタールの茶園を有する西南部・貴州省石阡県では、ぐずついた天気の影響で低温が続き、茶摘みの日程が例年より約20日遅れています。現地の農業を担当する政府関係者は、遅れを取り戻し、より多くの若葉を摘めるよう、現場での指導に取り組んでいます。

 なお、石阡県には160社の製茶工場があり、作業員の人数は32万5000人に上るということです。(Yan、謙)

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕