71歳の中国版「宮崎駿」は母の介護と屋台経営を両立、将来の夢はモザンビークで生活

2021-12-24 18:23  CRI

 中国東部安徽省合肥市の崔力さんは、今年71歳です。43歳の時に中国南部の広州市、次に海南省に行って、ホテルで管理職を務めました。しかし高齢になった母親の世話をするために、1999年に故郷の合肥市に戻りました。2012年にはお母さんの提案に従って、飲食の屋台を経営するようになりました。崔さんは日本の有名なアニメーション映画監督の宮崎駿さんによく似ているため、多くのお客さんがわざわざ食べに来ます。崔さんは今後も、お母さんを介護するかたわら、屋台の経営を続ける考えです。将来はアフリカのモザンビークに渡って釣りなどしながら老後生活を送りたい。ひょっとしたら中国の軽食を作って売るかもしれない…と語ってくれました。(任春生、鈴木

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强