【観察眼】人権問題にかこつけて中国に危害を加えれば自らが汚辱にまみれる

2021-12-10 16:32  CRI

【観察眼】人権問題にかこつけて中国に危害を加えれば自らが汚辱にまみれる

 米国は最近になり、自らが主宰するいわゆる「民主主義サミット」と連動させるために、場合によっては自ら手を下し、場合によっては一部の国際的反中勢力をあおることで、新疆についての話題を絶えずもてあそび、中国と新疆を貶めようとしている。

 米連邦議会下院は、中国新疆に関連する一つの法案を可決した。同法は、企業側がいわゆる「強制労働で生産された」ものでない明確な証拠を示さない限り、新疆産の商品の輸入を一切認めないものだ。西側の反中勢力が操縦する「ウイグル特別法廷」まで飛び出し、いわゆる「中国新疆で進められているウイグル人の大量虐殺」についての「判決」を言い渡すと主張している。中国を敵視するさまざまな勢力がうごめいて、デマを飛ばしていざこざを起こしている。国際社会には混乱の気配が漂っている。

 米連邦議会下院の法案には、陰険な虚偽の前提が設けられていた。すなわち「新疆の産品は基本的にすべて、強制労働で生産されたものだ」ということだ。例えてみれば「銃撃事件の多発によって、米国人の基本は全て暴力と見なすことができる」の言い方と同じことだ。そのでたらめさには失笑してしまう。そして、自ら「ウイグル特別法廷」と称する欺瞞には激怒せざるをえない。いかなる法的な根拠もなく、いかなる社会的信頼性もなく、いなかる事実の根拠もなく、資料はわずか2回の小規模な聴聞会から得られたものだけだった。

 これらのペテンのからくりに例外なく共通していることは、新疆では各民族の人々の基本的人権が有効に保障されている客観的事実を無視し、ウイグル族など新疆の各民族の人々の真の受け止め方を無視し、人権保護という看板を打ち出すことで新疆における反テロリズムと反過激主義の事業を歪曲し中傷し、新疆の経済と社会の発展の成果を抹消しようと企んでいることだ。

 新疆はいったい、どのような状況なのだろうか。2018年年末以来、外国の団体100組以上が新疆に足を運んで見学し、自らの目で中国新疆が安定して繁栄発展するすばらしい状況を確認し、中国政府の新疆政策を積極的に評価してきた。彼らは事実の記録者であり、変化を感じ取った人々だ。彼らが見聞きし発言したことこそ、最も信頼できる。フランスの女性作家であり、中国問題の専門家であるソニア・ブレストさんは、1カ月をかけて新疆の奥地にまで入った。移動距離は8000キロに達した。彼女は西側の人々の新疆に対する理解は、西側メディアによって大いに誤って導かれており、多くの人の新疆についてのイメージは、中世の状態で留まっていると、深い感慨を込めて語った。実際に彼女が目にしたのは、新疆の人々の生活がますます向上していることと、新疆が急速に発展する勢いや活気だったという。

 「ウイグル特別法廷」は、新疆ではウイグル族やその他の少数民族が「民族絶滅」を実施されていると、「誠意」を込めて宣言した。実際にはどうなのだろう。ウイグル族の人口は増加しつづけている。2010年に1017万人だった人口は、2018年には1271万人に達した。増加率の25.04%は、漢族の人口増加率の2.0%よりも明らかに大きい数字だ。まぎれもない現実の数字が、この偽法廷の偽りと嘘を単刀直入に示している。

 中国新疆の女性に対して「強制人工中絶」をしていると妄言を吐く者もいる。実際にはどうなのだろう。新疆では、妊娠24カ月以降の人工中絶や強制的な産児制限、妊娠検査の強制が違法行為や規則違反行為として禁止されている。各民族の人々が避妊をするかどうか、どの様な避妊方法を選ぶかは、いずれも個人が自らの考えで選択することであり、いかなる組織や個人も干渉することはできない。「強制人工中絶」の問題は、そもそも存在しないのだ。下手な演技で真実をごまかすことはできないし、虚偽のセリフで事実を覆い隠すことはできない。

 うそは何度繰り返そうとも、やはりうそだ。新疆、ひいては中国の安定した発展繁栄の歴史的プロセスを阻止することはできない。真の人権とは、その国の人々が幸福感と安全感と達成感を抱いていることであり、国際社会は団結し協力し、理解し尊重すべきだ。人権問題にかこつけて中国に危害を加えようとすれば、自らの悪行の数々を天下にさらして自ら汚辱にまみれ、正義を主張する人々には相手にされないことになる。(CRI日本語部論説員)

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
陈木月