【CRI時評】「世紀の問い」に答えるカギは米国側の行動にある

2021-09-11 12:59  CRI

【CRI時評】「世紀の問い」に答えるカギは米国側の行動にある

 習近平国家主席は北京時間10日午前、米国のバイデン大統領と電話会談し、中米関係と双方が関心を寄せる関係問題について、率直で深く広範囲にわたる戦略的意思疎通と交流を行った。

 今回の中米首脳の電話会談は今年の旧暦大晦日以来、約7カ月ぶりだった。習主席は「中米関係はうまくいくかどうかを選択するというものではない。どのように上手くいかせるか、その答えを共同で見出さなければならない」と述べた。中米が双方の関係を上手く処理できるかどうかは、世界の前途と運命にかかわり、両国がしっかり答えるべき「世紀の問い」であることは確かだ。

 現在、中米関係がかつてない苦境に陥っている原因は、米国が中国に対して重大な戦略的判断ミスを犯して中国を「仮想敵」と見なし、中国のレッドラインに絶えず挑戦し、世界が中国を包囲・抑圧していることにある。面倒は引き起こした当人が解決するよりほかない。中米関係が改善・好転するには、米国が誤った対中政策を改め、中国を脅威・ライバルと見なすのをやめ、中国の主権、安全、発展の利益を損なうのをやめなければならない。

 今回の電話会談でバイデン大統領が、「米中関係は世界で最も重要な二国間関係だ」との認識を示したことや、「両国が競争によって衝突に陥る理由はない」と指摘するなど、自ら進んで対話・協力のシグナルを発した。

 相手の言葉を聞くだけでなく、行いも見なければならない。人々は、旧暦大晦日の中米首脳電話会談で、バイデン大統領も「米中は衝突、誤解、誤判を避けるべきだ」と述べたことを覚えているが、7カ月間で米国の対中封じ込め包囲網が徐々にエスカレートしている。この点から見ると、ワシントンが何を言うかも重要だが、より重要なのは実際に行動して約束を果たさなければならないということだ。(CRI論説員)

 

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳