〈独占インタビュー〉垂秀夫駐中国大使:未来を見据えた関係構築と協力強化を

2021-02-03 19:53  CRI

〈独占インタビュー〉垂秀夫駐中国大使:未来を見据えた関係構築と協力強化を_fororder_微信图片_20210203194901

 日本の垂秀夫駐中国大使が3日北京で、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の独占インタビューを受け、中日関係の現状について「比較的良好な関係にある」と述べ、東京五輪や北京冬季五輪、さらに来年の中日国交正常化50周年を契機に、未来を見据えた関係構築や協力強化に取り組むべきとの考えを示しました。

 中日関係の現状について、垂大使は「双方の努力によって正常な軌道に戻り、比較的良好な関係にある」と評価し、「日中関係は内在する色々な問題から、脆弱な一面を備えている。現在の比較的良好な局面をしっかりと守っていく必要がある」と指摘しました。

 さらに、今年開催予定の東京五輪・パラリンピックと来年の北京冬季五輪・パラリンピックに触れ、「双方の重要なスポーツの大イベントをお互いの努力によって成功させる必要がある」とした上で、来年の中日国交正常化50周年という節目の年に当たっては、安定した二国間関係の構築とさらなる関係推進に取り組む必要性を強調しました。

 また、「意見が異なることを恐れる必要はない。意思疎通が無くなってしまうことを一番恐れている」と述べ、今後の関係構築への提言として、「首脳レベルから民間レベルに至るまで、あらゆる分野・レベルで常に意思疎通ができる仕組みを構築することが大事だ」と表明しました。そして、2019年の中国人観光客訪日ブームが中国人の、特に若者の対日感情改善につながったことを例に挙げ、「相手国に行って自分で体験する、自分で見る、自分で聞く、自分で人と接触して話してみるということが大事だ。“急がば回れ”になるが、地道な交流を進めていくべきだ」と話しました。

 過去一年間、中日間の現実的な人的往来と交流はコロナ禍の影響に阻まれました。これを背景に、垂大使はSNSなど新たなツールと手段を通して若者を中心とする交流事業の推進に取り組む意欲を示し、来年の国交正常化50周年に向けて、「次の10年後、20年後、ひいては50年後を見据えて、祝賀行事を含め色々と準備していく必要がある。そのためには若い人、青年がしっかり参加するような取り組みが大事だ」と述べました。

 なお、中国でも幅広く注目されている東京五輪については、「日本政府も大会組織委員会も、感染症対策をしっかり行った上で開催していくという決意にはいささかの変更もない」と明かしました。その上で、「中国北京にいる大使として、東京五輪・パラの成功を北京冬季五輪・パラにつなげていく上での貢献をしていきたい」との考えを示しました。(洋、謙)

コメント()

ラジオ番組
3月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥