湖北最高レベルの防疫装備を河北支援に投入

2021-01-13 09:01  CRI

湖北最高レベルの防疫装備を河北支援に投入_fororder_FOREIGN202101111619000261787467786

 湖北省の武漢大学中南病院は1月10日午後7時、河北エリアにおける新型コロナウイルス感染症において、移動可能なスピード診断を支援する目的で、湖北省に1台しかない車載タイプの移動可能なCT装置を河北省に輸送した。環球時報が伝えた。

 武漢大学中南病院の職員は、「この車載タイプの移動可能なCT装置は、独立した場所に設置できるうえ、効果的な隔離と防護基準を満たしており、新型コロナウイルス患者を速やかに選別することができる。1日平均延べ200人から300人の診断・選別が可能」と話す。それだけでなく、この車載タイプの移動可能なCT装置は5Gネットワークに対応しており、CT画像をリアルタイムで武漢大学中南病院に転送することができ、病院側は診断結果をただちに河北省側に伝えることが可能という。

 2020年、武漢が新型コロナウイルス感染拡大と闘っていた際に、河北省は累計1100人の医療・看護従事者を支援のため湖北に派遣し、そのうち数百人は武漢大学中南病院の管理下にあった雷神山医院および武漢市第七病院で任務に当たった。武漢大学中南病院の袁玉峰・副院長は、「河北ならびに全国各地は、当時、武漢に対して、大々的な支援と無私の援助を行った。今回は、武漢大学中南病院が、全力で、河北支援に取り組む番だ」としている。(編集KM)「人民網日本語版」http://j.people.com.cn/

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍