会員登録

李首相、上海協力機構各国首脳と会見

2017-12-02 13:44:26     cri    

 李克強首相は現地時間1日、ロシアのソチでベラルーシのコビャコフ首相、キルギスのイサコフ首相、カザフスタンのサギンタエフ首相、アフガニスタンのアブドラ行政長官とそれぞれ会見しました。

 コビャコフ首相との会見で李首相は「双方が発展戦略の結びつきを強め、互いの優位性を補完し合い、経済貿易、投資協力の潜在力を掘り出していく。また、中国・ベラルーシ工業団地の整備を重点に、インフラ整備と生産能力協力の協力を強化し、新しい融資方式をともに探り、互恵共栄を実現していく」と述べました。

 これに対し、コビャコフ首相は中国の発展方向と取り組みを支持する姿勢を示し、両国の発展戦略の連携に積極的に加わり、全天候の友好協力関係を築いていくと表明しました。

 また、イサコフ首相との会見で李首相は、キルギスが自ら選んだ発展の道をこれまで通りに支持すると表明し、「双方が市場化の原則に則り、二国間の交通インフラ整備協力を加速させ、地域間の相互連携、多国籍貿易、貨物輸送を促していくことを望む」と述べました。

 これに対し、イサコフ首相は「中国は、頼りになる戦略的協力パートナーである。両国の実務協力は安定して推し進められるだろう」と述べました。

 カザフスタンのサギンタエフ首相との会見で李首相は「中国とカザフスタンは生産能力協力で実り豊かな成果を上げてきたことをうれしく思う。双方がともに努力し、合意した項目を実行に移し、双方の実務協力、とりわけ生産能力協力を加速させることを期待する」と述べました。

 これに対し、サギンタエフ首相は、生産能力協力は両国経済協力の成功したモデルであり、両国関係の全面的発展に強い動力を注いだと評価しました。そして、各分野における両国協力のさらなる発展を推し進めていく意向を示しました。

 アフガニスタンのアブドラ行政長官との会見で李首相は、国家安定のために努力を払うアフガン政府を支持し、アフガン人が主導して包容性のある政治和解プロセスを支持する姿勢を示し、「政治的信頼を強め、アフガンの再建と���和のために積極的で建設的な役割を果たして、アフガンの政治安定と経済発展の早期実現のために力になりたい」と表明しました。

 これに対し、アブドラ行政長官は、アフガン和解プロセスのために中国が払った努力を称賛し、中国がアフガンの経済再建、生活改善に寄与し、多国籍国際機関でアフガンに支援の手を差し伸べたことに感謝の意を示し、中国とともに努力し、両国関係を新たなレベルに引き上げていきたいと表明しました。(Mou、星)

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS