会員登録

米高官、朝鮮核問題の解決に武力行使避ける姿勢

2017-04-17 10:03:29     cri    

 アメリカの国家安全保障問題担当のマクマスター大統領補佐官は16日、朝鮮半島の核問題について、「アメリカはあらゆる可能性を排除しない」との考えを表すと同時に、武力行使を避け、外交による解決に努める時だと強調しました。

 韓国軍とアメリカ軍が明らかにしたところによりますと、朝鮮は16日に弾道ミサイル1発を発射し、これに失敗しています。この出来事についてマクマスター大統領補佐官はこの日、ABCテレビのインタビューに答え、「情勢の安定を損なう挑発的な行動だ」と非難し、「あらゆる可能性を排除しない」というトランプ政権の立場を改めて強調しました。

 一方で、「今こそ武力行使に至ることのない、平和的解決に努める時だ」と述べ、「今後数週間から数カ月の間に、朝鮮半島核問題の影響を受ける関係各側にとって、軍事衝突による最悪な結果を回避するチャンスが訪れるだろう」との考えを示しました。 (ZHL、謙)

関連ニュース
写真トピックス
コメント
今週の番組
今日熱点
快楽学唱中文歌
特集ダイジェスト
LINKS