中国国際情報通信展の焦点は5Gの応用

2020-10-16 16:37  CRI

中国国際情報通信展の焦点は5Gの応用_fororder_h图2

 2020年中国国際情報通信展示会が、14日から16日にかけて北京の国家コンベンションセンターで開催されています。今回の展示会は「インターネットは万物を融合し、スマートが未来へ導く」がテーマで、中国が世界の先端を走る5Gの実用化に重点が置かれています。

 中国工業情報化部は同展示会に関連して、「中国ではすでに60万カ所の5G基地局が設置され、端末ユーザーは1億5000万人を超えた。わが国の5G建設は他国をはるかに超越しており、世界トップに立っている」との考えを示しました。

中国国際情報通信展の焦点は5Gの応用_fororder_h图1

 展示会では、スマート製造、車のネットワーク、遠隔医療、超高精細度ライブ映像、スマートロボットなどにおける5Gの応用が、焦点になっています。会場では2022年の北京冬季五輪で活用される「ハイパー技術」もお目見えし、クラウド中継、スマート技術による角度自由転換の観戦、冬季スポーツ体験などが、身近に体験できます。例えば、角度の自由転換が可能な観戦では、8Kを駆使して送信された映像を、見たい角度に自由に切り替えて楽しむことができます。(朱、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
10月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
朱丹阳