中国国連副大使 3カ国軍縮協議への参加要求は不公平

2020-10-13 15:38  CRI

 中国の耿爽国連副大使は現地時間12日に開かれた、軍縮と国際安全保障問題を扱う国連総会第1委員会の一般討論演説で米国が吹聴しているロシア・中国の3カ国軍縮協議を批判しました。

 耿副大使は「米国はこのところ、『中国は世界3番目の核大国だ』と誇張し、『米ロ中3カ国軍縮協議』を吹聴している。これは、国際社会の視線をそらし、核軍縮における特殊で優先すべき責任の履行を拒否するための口実を作り、自国に対する縛りを緩め、軍事における絶対的優位を追求するための理由づけだ。中国は自衛と防御目的の核戦略を堅持し、国家の安全を守る最低限の核の力を維持し、これまで通りいかなる国とも核の軍拡競争を行わない。中国の核の力は米ロ両国のレベルとは全く異なる。3カ国軍縮協議として中国の参加を求めたことは不公平かつ不合理的で実行不可能だ。中国が同意することはありえず、いかなる脅迫や恫喝も絶対に受け入れない」との立場を強調しました。(ジョウ、鈴木)

コメント()

ラジオ番組
10月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
聂永胜