第10回:什刹海の池を守る男性

2020-08-30 15:42  CRI

00:00:00
00:00:00

 北京の旧市街にある什刹海公園は、3つの池からなっています。夏はここで涼んだり、カフェやバーでお喋りしたりでき、冬には凍りついた池でスケートを楽しむこともできます。かつては皇帝の一族が暮らすエリアでしたが、いまは市民の憩いの場になっています。

 8月中旬のある日、公園内の2つの池をつなぐ銀錠橋の近くに人だかりができていました。皆、水面を眺めているようです。同じ方向へ目をやると、そこには湖に入って何かを探す初老の男性の姿がありました。そばには発泡スチロールの箱を乗せたサーフボードが浮かんでいます。落とし物でもしたのでしょうか。様子を伺っていると、近くの岸から1組の男女が池の男性に何やら声をかけていることに気付きました。

 「足の少し手前にあります。」

第10回:什刹海の池を守る男性_fororder_捕获2.PNG

 指示に従って男性が拾い上げたのは、ビール瓶です。サーフボードの上の箱にビール瓶を投げ入れる男性、どうやら彼は池の底のゴミを拾っていたようです。その様子を、通りがかる人々が足をとめて、真剣に眺めています。中には、赤ちゃんを抱っこしている若い夫婦もいました。

 「お爺ちゃん、池をきれいにしているのね。素晴らしいね!」

 「きれいになったね。お爺ちゃんにいいね!しないとね」

第10回:什刹海の池を守る男性_fororder_捕获4.PNG

 ゴミ拾いを見ながら、父親らしい男性が「ゴミをむやみに捨てちゃだめだよ。わかったね」と5〜6歳の男の子に言い聞かせています。

 今度は、通りがかった男性が、「この辺のバーの酔っ払いが捨てたんだ」と教えてくれました。

 この公園には、湖の清掃を担当する管理部門もあるのですが、毎日の掃除では湖の水面をさらうのが精一杯。底に沈んでいるゴミまでは手が回っていませんでした。そこで立ち上がったのが、この男性。北京市内のホテル・長城飯店で働く60歳の陳英さんでした。

 拾ったゴミで箱がいっぱいになると、陳さんはそれを上にいる仲間に渡して、近くのゴミ箱に捨ててきてもらいます。これが、30分も経たないうちに4回も繰り返されました。

 岸から陳さんにゴミの位置を教えていた女性、劉麗さんにも話を伺いました。

 「今日たまたまここを通りかかって、ゴミ拾いをやってるもんだから。力になりたくて声をかけてたのよ」

 なんと劉麗さんは陳さんの仲間というわけではなく、偶然通りかかった方でした。       

第10回:什刹海の池を守る男性_fororder_捕获3.PNG

 ゴミ拾いもひと段落、休憩をしている陳さんに話を伺いました。

 「この活動を始めて何年になりますか」

 「2年です。去年はこの銀錠橋の左右50メートルをきれいにしました。今年はこの辺を掃除すれば、大体終わりかな」

 いくらかゆとりのある暮らし、「小康の暮らし」について、陳さんはどう考えるのでしょう。

 「小康の暮らしというのは、優しい奥さんとしっかりした子どもがいて、ご近所さんと仲良くできて、衣食に困らないことかな。私はもうとっくに手に入れたさ」

コメント()

ラジオ番組
11月30日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王秀阁