外国人の中国でのコロナ対応の物語、ドイツ人の洋菓子屋は…

2020-08-11 17:31  CRI

 

外国人の中国でのコロナ対応の物語、ドイツ人の洋菓子屋は…_fororder_F3

 湖南省の中心地である長沙市には、オープンして9年になるもののほとんど利益の出ていない、ちょっと変わった洋菓子屋があります。店はあまり広くなく、店員の数もそれほど多くありません。顧客はほとんどがリピーターです。店の主人は50代のドイツ人、呉正栄(中国名)さんで、その流暢な中国語には時おり湖南方言が混じります。作業場は調理器具がぶつかる音だけで、話し声は聞こえてきません。呉さんはいつもオーブンのそばに立ち、「スタッフは耳が不自由でタイマーの音が聞こえないため、オーブンは私が担当しています」と話しました。

外国人の中国でのコロナ対応の物語、ドイツ人の洋菓子屋は…

 18年前、呉さんは妻の杜雪慧(中国名)さんとドイツでの仕事を辞め、長沙に来て聴覚に障害のある子供の支援を始めました。この18年間で支援した子供は500人近くに上ります。2人は子供たちに話すことを教えて、学校に通えるようサポートしています。

 2011年、呉さんは洋菓子屋を開いてそこで聴覚障害のある人に菓子作りを教えたいと考えました。呉さんは、「技術を教えれば彼らの生活は楽になるかもしれません。自分の労働で生計を立てたら、もっとプライドを感じることでしょう」と話しました。

外国人の中国でのコロナ対応の物語、ドイツ人の洋菓子屋は…_fororder_F1

 呉さんは記者のインタビューに、「何年もの間、コストを何とかまかなえる程度の売り上げで利益はほとんどありません。長沙に長く暮らしていて、新しい友人ができました。多くの友人が店に通ってくれています」としています。新型コロナウイルス感染症の影響で赤字が続いても、呉さんはリストラをせず、商品の値上げもしませんでした。この音のない洋菓子屋は独特な言葉で人々を感動させます。(hj、浅野)

コメント()

ラジオ番組
9月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
黄竞