第6回:歌で精神の充足を 寧夏の村民合唱団

2020-08-04 09:31  CRI

歌で精神の充足を 寧夏の村民合唱団_fororder_1

00:00:00
00:00:00

 寧夏ホイ族自治区中衛市中寧県紅宝村には、村民80人からなる合唱団があります。彼らは貧しい生活から抜け出すことに成功し、新しい生活と故郷への思いを歌っています。

 紅宝村は1990年代にできた移民のための村です。貧困脱却のための移転政策によって、寧夏ホイ族自治区南部の山岳地帯の人々がここに移り住みました。勤勉な村人たちは、新天地での豊かな生活を、自らの手で作り上げてきました。生活の質が高まると、次に人々は文化を求めます。中寧県政府は村民のニーズを汲み取り、2019年4月に村の合唱団を設立しました。

歌で精神の充足を 寧夏の村民合唱団_fororder_2

 合唱団のメンバーの一人、52歳の荆懐勤さんです。 

 「コーラスができると聞いて、すぐに申し込みました。音楽が好きだからです。でも、はじめは口を開けることすらできませんでした。私たち女性は、普段は畑仕事ばかりしていて、あまり字が読めない人も多いのです。みんな恥ずかしくて口を開けられませんでした。でも、だんだんと夢中になって、どんなに畑仕事が忙しくても練習をサボることはしませんでした。昼間は働いて、夜には1日も欠かさずに電気自動車でコーラスの練習に通っています。1、2時間も歌えば、昼間の疲れだってふっ飛びますよ」

 そうして、歌うことの楽しさを知った荆懐勤さんは、自身の年下の従姉妹を合唱団に誘いました。49歳の楊継紅さんです。

 「最初は歌うどころか、読めない歌詞もありました。娘に教えてもらって、録音してもらって、歩いている時も、農作業をする時も、一生懸命に歌詞を覚えました。はじめは歌詞が夢にまで出てきて、よく眠れないほどでした。大変でしたが、好きだから、頑張ることができています。」

歌で精神の充足を 寧夏の村民合唱団_fororder_3

 いま、合唱団のメンバーは80人ほど、平均年齢は40歳を超えています。皆さん、毎日、昼間は畑仕事に汗を流し、夜8時から2時間ほどコーラスの練習を行っています。

 合唱団の最年長メンバー、67歳の敖志立さんの言葉です。

 「暮らしに余裕ができれば、精神的な充足がほしくなります。私たちが合唱団で歌うことによって、ご近所や周りの人たちにもプラスのエネルギー、良い影響があるはずです。私たちは、自治区南部の干ばつが頻発する地域からここに引っ越してきました。自分の手で生活を切り開いて、ようやく実りの時期を迎えています。

 「小康社会に向かう中国人の暮らし」今回は寧夏ホイ族自治区中衛市中寧県紅宝村の村民合唱団についてお伝えしました。お相手は王秀閣でした。ではまた来週。さよなら。

コメント()

ラジオ番組
9月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王秀阁