ドイツ研究者、新型コロナ感染者の抗体減少を発見 ワクチン開発に影響も

2020-07-15 11:04  CRI

 ドイツの研究者が12日に発表した最新の調査結果が、今後のワクチン開発に大きく影響する可能性があると見られています。

 ドイツのミュンヘンにあるシュヴァービング病院はこのほど、今年1月の新型コロナウイルス感染者の血液サンプルを検査しました。その結果、完治した人の血液にある中和抗体(ウイルス感染阻害機能を持つ)の数が減少していることを発見しました。この病院の感染症専門のベントナー(Clemens Wendtner)教授は、「検査を受けた患者9人のうち、4人は中和抗体の数が明らかに減った」と述べました。

 これについてドイツメディアは、「完治した人は長期的な免疫力を持っていない」とし、新型コロナウイルスワクチンの有効期間についても疑問を呈したということです。(殷、北田)

コメント()

ラジオ番組
11月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮