ポンペオ氏ら米政治屋の新疆に関する妄言を批判=外交部

2020-07-03 20:17  CRI

图片默认标题_fororder_5-2

 外交部の趙立堅報道官は3日、北京での定例記者会見で、「ポンペオ国務長官など、米国の『政治屋』が新疆問題について相次いで妄言を吐き、虚偽の情報を流すなどして、中国の新疆政策や内政に粗暴に干渉している。これに対し中国は強い不満を覚え、強く反対する」と批判しました。

 ポンペオ米国務長官は1日に声明を発表し、中国の新疆地区などで行われているとされる「強制労働」について言及しました。これに対し趙報道官は、「『強制労働』などという問題は、全て米国と一部西側の機関や個人によるねつ造であり、全く事実にそぐわない。新疆籍の少数民族の労働者たちは、中国の労働者の一員として、諸権益が法律によって守られており、職業を選ぶ自由を享受し、自らの意志で就職し、心身の自由にいかなる制限も受けていない。彼らの風俗と習慣、信仰、言語と文字も法に基づいて守られている」と述べました。

 さらに、「2018年以降、新疆では南新疆地区の貧困家庭の余剰労働力15万1000人以上が移住し、その結果、一部の人の年収は4万5000元に達し、全員が貧困から抜け出した。そこに『強制労働』なるものは全く存在しない。米国の政治屋は新疆の少数民族に対して『関心を寄せている』というポーズを取る一方で、新疆の企業に打撃を与え、新疆の発展を阻害しようとしている。これらの言動から、中国の民族同士の関係に横槍を入れる米政治屋の偽善的で悪辣な企てが垣間見える」と訴えました。(Lin、謙)

コメント()

ラジオ番組
8月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘睿琳