第1回:お婆ちゃんの手挽きコーヒーは豊かさへの香り

2020-06-30 13:25  CRI

图片默认标题_fororder_992116290

▲四川省閬中市五龍村

00:00:00
00:00:00

 「小康社会に向かう中国人の暮らし」、第1回は、四川省閬中市で家を民宿にリフォームし、手挽きコーヒーを淹れながら豊かさと幸せを手に入れた2人のお婆ちゃんのお話です。

 手動のコーヒーミルを使って、手で挽いた豆にこだわる……コーヒー好きには当たり前のことかもしれません。でも、そんな手挽きのコーヒーを、中国の農村で、それもお婆ちゃんが淹れてくれるとしたらどうでしょう。

图片默认标题_fororder_117712092
▲コーヒーを淹れる王素清さんと杜雲珍さん

 中国南西部・四川省閬中市にある五龍村。市街地から25キロ離れたこの村には、大小の特色ある民宿があります。中でもネットで話題なのが、家主である2人のお婆ちゃんの名前に因んだ2軒。今年85歳の王素清さんの民宿「素清」と、76歳の杜雲珍さんの民宿「芸楨」です。(中国語で芸楨と雲珍は共に「ユンジェン」と発音する)。

 五龍村は2017年に発展目標として「特色ある山村観光」という内容を掲げ、王さんと杜さんの同意を得て、それぞれの家に「古民家のままリフォーム」する改築工事を施し、運営管理を実施しました。これにより、この2軒の民宿が誕生しました。

 2人のお婆ちゃんは家の一部を民宿として使ってもらい、普段は民宿の清掃や簡単な管理の仕事を担当することで、月500元の収入を得ています。また、民宿で2人が淹れるコーヒーは、手挽きミルで豆を挽くこだわりようで、利用客から好評です。

 2人のお婆ちゃんは少し耳が遠くて、コーヒーの注文を間違えてしまうこともしばしばあるとか。でも、お客さんたちはそんな点も含めて、のどかな時間を満喫しているようです。2人も優しいゲストとスタッフに囲まれ、民宿で働く毎日を楽しんでいます。

图片默认标题_fororder_1225504423

 ここ数年、閬中市では観光業の発展に文化、郷土、地方の特色といったキーワードを取り入れ、「美しい経済・プラス・共に豊かになる」という方針に基づいて、観光企業の誘致に力を入れています。村の空き家が改築され、村民が賃貸や投資という形で経営に参加し、「家を離れることなく豊かになれる」ことが実現しています。閬中市らしい、ユニークな貧困脱却の手法が確立されているのです。

 「小康社会に向かう中国人の暮らし」、第1回は家を民宿にリフォームし、手挽きコーヒーを淹れながら豊かさと幸せを手に入れた2人のお婆ちゃんの話をお届けしました。お相手は王秀閣でした。ではまた来週、お楽しみに。(閣、謙)

 

 

コメント()

ラジオ番組
8月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同