検察機関、司法行為記録報告制度の実施状況を開示

2020-05-07 00:30  CRI

 最高人民検察院は6日、検察機関による司法行為記録報告制度の実施状況に関する様子を開示しました。2018年以降から今年3月現在、全国の検察機関が主導的に記録・報告した重大事項は1万8千件余りに達したことが分かりました。これについて、最高人民検察院政治部の潘毅琴主任は、「重大事項記録報告制度の導入は、検察官を外部の妨害を受けずにし、司法行為の規範化や公正な司法の実現につながるものだ」と話しました。 

图片默认标题_fororder_wKgACl6ymN-AYAntAAAAAAAAAAA546.600x398
最高人民検察院政治部・潘毅琴主任

 2020年3月現在、全国の検察機関が2018年以降に検察官がかかわった重大事項について、主導的に記録、報告した件数が1万8751件に上りました。この中には、状況を反映したり、進捗状況を問い合わせた件数が96.5%を占め、事件の審理にまで介入した件数は3.5%となっています。

 なお、司法関係者の行動を制限するため、2015年、党中央は指導者・幹部及び司法関係者の事件へのかかわり方や当事者との接触などについて、規範性文書を公布して、該当行為をありのままに記録することを明確にしていました。最高人民検察院は、この文書に基づいて、重大事項記録報告制度を導入したということです。(任春生、Yan)

コメント()

ラジオ番組
6月5日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕