世界の感染症対策に助力、中国でオンライン問診を推進

2020-03-26 12:54  CRI

 新型コロナウイルスの感染状況への認識を深め、自身の保護意識を高めるため、中国のIT企業が相次いでオンラインでのヘルス・カウンセリングなどのサービスを立ち上げ、世界の感染症対策に力を注いでいこうとしています。

 中でも、馬雲(アリババグループ創業者)公益基金会とアリババ公益基金会が緊急に立ち上げたプラットホームには、湖北省での医療支援に参加した医師100人を含めた700人余りの医師が集まっています。3月23日現在、海外にいる数十万の華人・華僑が登録ユーザーになっています。

 また、電子商取引のプラットフォーマーである「京東(ジンドン、JD)」も、「グローバル無料健康諮問プラットフォーム」のローンチを発表しました。オンラインで問診と心理カウンセリングサービスを無料で提供する同プラットホームは、感染症科と呼吸内科を含む全ての診療科があるほか、30人以上の中医学の専門家からなる「中医感染症抑制コーナー」も設けられています。さらに、英語による問診とカウンセリングに対応する医師も20人に上ったということです。(李、Yan)

コメント()

ラジオ番組
5月28日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍