北京初の水素ステーション建設が延慶区で着工

2019-12-04 16:03  CRI

图片默认标题_fororder_网2图片

 北京市延慶区で11月29日、水素ステーション建設の着工式が始まりました。竣工後は区内の水素エネルギーを利用する交通インフラ施設として、2020年アルペンスキー・ワールドカップ延慶大会と2022年北京冬季オリンピックのテストマッチおよび本番の開催期間中に使用される水素自動車に水素を提供します。

 延慶区では、今年行われた世界園芸博覧会の期間中に水素燃料バス2台がシャトルバスとして運行し、1日平均200人の乗客を運びました。(任春生、謙)

コメント()

ラジオ番組
2月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
任春生