習総書記、危機管理システムと能力近代化の推進を強調

2019-11-30 17:53  CRI

 中国共産党中央政治局は29日午後、習近平総書記の主催の下、危機管理(災害時対応)システムと能力構築に関する第19回集団学習会を開催しました。

 習総書記は席上、「危機管理は国家のガバナンス・システムとガバナンス能力の重要な一部で、重大な安全リスクを防止・解消し、各種災害や事故に速やかに対応する重要な責任を担っている。それと同時に、人民の生命や財産の安全、社会の安定を守る重要な使命も担っている。中国の危機管理システムの特色と優位性を活かし、外国の優れた経験を参考にし、中国の危機管理システムと能力の近代化を推進していくべきだ」と述べました。

 さらに、習総書記は「リスクの防止・解消メカニズムの健全化をはかり、重大安全リスクを根源から予防・解消する。緊急救援チームの整備を強化し、単一種類の災害から多種類へと対応の幅を拡大させ、高い即応性と強い精神力を兼ね備える緊急救援チームを整備する。装備と技術によるサポートを強化し、各種の科学技術資源を統括し、危機管理に関する科学技術の自主的イノベーションを推進し、科学技術を通じて危機管理の科学化、専門化、知能化、精細化のレベルを高めていく」と強調しました。(鵬、Yan)

コメント()

ラジオ番組
12月8日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳