11月12日 火曜日

2019-11-12 22:24  CRI

00:00:00
00:00:00

1時間目 「ダブル11」11年目、売上またも記録更新&第2回輸入博閉幕、成約意向額2割増

担当:王小燕、斉鵬

图片默认标题_fororder_11月11日の「天猫(Tモール)」の売上が2684億元

 こちら北京は最高気温15℃前後の暖かい天気が1カ月ほど続いてきましたが、天気予報では明日から寒気の影響で、夜の気温は氷点下にまで下がるということです。日本もそろそろ晩秋から初冬へと切り替わる季節かと思いますが、リスナーの皆様ぜひお体をご自愛ください。

 さて、今週の番組は、お便りの紹介に続き、「旬な話題」は2本立てでお送りします。

 まずは、11月11日の「ダブル11」に行われたネットショッピング・フェスティバルについて、今年の販売実績や特徴を中心にお伝えします。次は11月5日から10日まで上海で開催された第2回中国国際輸入博覧会について、データで振り返ってみます。

 

2時間目  ブルースにほれ込んだ中国人の若者<聖地巡礼の旅>~ミュージシャン・虎子さんに聞く(中)

聞き手:王小燕、梅田

图片默认标题_fororder_小虎

2016年5月、ブルースのルーツを探す旅でメンフィスを訪れた虎子さん

 今週も引き続き、ブルースにぞっこん惚れ込んだ虎子さんにお話を伺います。

 先週は日本語、そしてブルースとの出会いを中心に、謎めいた虎子さんの肖像画を極荒いタッチで描いてみました。

 子どもの時、祖父の島で育った虎子さんは大学で日本語を専攻したことをきっかけに、日本語/日本人の友達を介してブルースの世界に深くはまりこんでいきます。大学では、自己流の学習法で日本語能力試験1級に早々と合格した後、卒業することなく上海にある日本の大手商社に就職。8年間の商社マン人生で社会経験を積み、上司や仲間からも厚く信頼され、大きなプロジェクトも多くこなしていました。が、突然体調を崩し、人生について深く考えこむようになります。結論は、「商社マンを卒業して、これからの人生はブルースと共に歩む」ことでした。

 進路で悩んだ時、虎子さんが思い出した相談相手になれる人がいました。その人とは、シカゴを拠点に20年以上活動していた伝説的なブルース・ギタリストの菊田俊介さんのことです。ヒーローとして崇めてきた存在ですが、知り合いというわけではありませんでした。とにかく、当時東京にいた菊田さん宛てに、「ぜひ上海へ演奏に来てほしい」というメールを出しました。当時の上海は「人口2000万人の大都会ですが、ブルースを聞いたことのある人は数百人程度に過ぎない」と言われているほど、ブルースはマイナーなジャンルでした。

 そのお誘いのメールで菊田さんは本当に来てくれました。虎子さんは自力でコンサートツアーを企画。ツアーを通して菊田さんと親交を深め、人生の進路について相談に乗ってもらったところ、言われたアドバイスは、「好きならとことんまでやれ」でした。

 2015年冬、28歳になる虎子さんは人生の新しいステージに向かって旅立ちます。上海で仕事を通して築いた人間関係に別れを告げ、音楽仲間がたくさんいる北京に拠点を移しました。その翌年、彼はどうしても行かなければならないという聖地巡礼の旅に向け準備を始めました。

 ブルースマンの聖地であるシカゴで、6月に開かれる、大型ブルースフェスティバルをめざして、虎子さんは音楽仲間2人と共に、ブルースのルーツを探す旅に出たいと思っていました。レンタカーを借りて、約1か月半にわたる大旅行でした。行った先々で、三人はギター一つでジャムセッション(協調的即興演奏)に加わり、「今思い出しても夢のような毎日」でした。しかし、「ビザ申請から入国手続き、交通に至るまで、ハプニング連続の旅路でした」、と今でも苦笑いするような出来事も多かったようです。

图片默认标题_fororder_1791580037
2016年5月~6月、米国でブルースのルーツを探す旅をしている最中の「布鲁斯三兄弟」、
左から虎子さん、魏威さん、王錚さん、ミシシッピにて

 ところで、虎子さんの日本語力はアメリカを旅行した時にもパワー全開でした。シカゴでは、その後の彼のブルース人生を大きく変えた大物ミュージシャンと出会えました。いや、正しくは会いに行って会えたのでした。そのミュージシャンとは、京都生まれで、シカゴを拠点に活躍し、のちに「シカゴブルースの殿堂」入りしたミュージシャンのアリヨこと有吉須美人さんのことでした。

 「こんにちは。北京から来ました」

 挨拶した日本語の一言が魔法のようでした。そこから、有吉須美人さんの初めての中国訪問に続き、三度のグラミー賞ノミネート歴を持つシカゴ・ブルース・ハーモニカ・マスターのビリー・ ブランチさんの中国ツアー……次から次へと化学反応が起きています。その化学反応により、虎子さんとアリヨさんの絆だけではなく、ブルースにぞっこんな中国人若者と本場のブルースの世界との間でも太くて強い絆が結ばれました。その絆は現在も続いており、来年以降も様々な予定が計画されているようです。虎子さんと仲間たちが2016年に敢行したブルースの旅、ある意味、中国のブルース音楽史、またはブルース音楽の世界史に残る旅と言えるでしょう。(写真提供:虎子)

【プロフィール】

虎子(ショウ・フー)さん

图片默认标题_fororder_虎子

 1987年遼寧省営口市生まれ。大連外国語学院中退。キャノン杯日本語弁論大会で優勝。上海に拠点を置く日本の総合商社で8年間勤務した後に、辞職して北京に移る。現在はブルースを広めるための活動を中心に活躍。

 この番組をお聞きになってのご意見やご感想をぜひお聞かせください。メールアドレスはnihao2180@cri.com.cn、お手紙は【郵便番号100040 中国北京市石景山路甲16号中国国際放送局日本語部】もしくは【〒152-8691 東京都目黒郵便局私書箱78号 中国国際放送局東京支局】までにお願いいたします。皆さんからのメールやお便りをお待ちしております。

コメント()

ラジオ番組
12月10日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕