10月8日 火曜日

2019-10-09 00:29  CRI

00:00:00
00:00:00

1時間目 北京国際園芸博に934万人来場&国慶節の映画興収が史上最高&大興国際空港に「観光客」殺到

担当:王小燕、斉鵬

图片默认标题_fororder_11
国慶節連休中の北京・八大処公園入口 

图片默认标题_fororder_新首钢大桥 800
9月29日に開通した北京西部の新しいランドマーク、新首鋼大橋

 中国では国慶節の大型連休明けの最初の仕事日を迎えました。今日の番組は、この国慶節の連休中の出来事や見聞をお届けします。

 4月末ごろから約半年にわたって開催されていた北京国際園芸博覧会(園芸博)はいよいよ9日夜に閉幕式が行われます。会期中、3000回以上のイベントが開催され、延べ934万人が入場しています。さて、園芸博の敷地は閉幕後、どうなるのでしょうか。

图片默认标题_fororder_22
1993年に開園したテーマパーク・世界公園は今も市民から親しまれている観光スポット

图片默认标题_fororder_33
世界公園にある「ノートルダム大聖堂」と「エッフェル塔」

 終わったばかりの国慶節7連休には、映画市場が大盛況を見せました。7日間の興行収入は約45億元に上り、観客動員数は初めて1億人を突破し、いずれも史上最高を記録しました。また、この国慶節の直前に、正式開業したばかりの北京大興国際空港の人気ぶりも人気映画には負けていません。飛行機の乗り降りではなく、新空港の様子を一目見たくて訪れた見学目的のお客さんは1日平均約9万人が大興空港を訪れたということです。これらの話題も含め、今年の国慶節連休に話題になった様々な動きについてご紹介します。

图片默认标题_fororder_44

图片默认标题_fororder_55
北京大興国際空港、10月6日撮影、金色のC型柱8本が本体の支え役

2時間目  中国の伝統芸能に魅了された日本人~昆劇役者・山田晃三さんに聞く(上)

聞き手:王小燕

图片默认标题_fororder_6W6A2004 600

 神戸っ子の山田さんは南京町からほど近い町で子供時代を過ごしました。30年前に、大学生だった彼は、大阪発の鑑真号に乗って、初めて中国の土に足を踏み入れました。バックパッカーで各地を旅行し、知らない人とたくさん出会いました。その2年後の1991年、交換留学先の北京で山田さんは昆劇に出会い、それ以降、今日にいたるまで、28年間不断の努力で稽古を続けてきました。

 このほか、山田さんはドラマや映画の出演、中国の演劇に関する論文や著書、ご自身の北京滞在で感じた中国論の執筆など、多彩な才能の持ち主でもあります。

 目の前に広がる、誰でもたやすく見える「中国」よりも、彼が選んだのは、600年もの昔から脈々と受け継がれてきた古典演劇の世界でした。そこにどっぷりと浸かって、普通では目にすることのできない風景を満喫し、絶えず新境地を切り開き続けてきました。

 こんな山田さんを引き付けてやまない「昆劇」の魅力とは?その探険の旅路において、山田さんが出会ったのはどのような人や風景だったのでしょうか。一回目の今回は、まずは昆劇のいろはをめぐり、山田さんに分かりやすく説明していただきます。

【キーワード】

<四功五法>昆劇や京劇を始め、中国の伝統演劇が重んじる基本的な要素を言う表現です。

四功とは、唱(うた)・念(せりふ)・做(しぐさ)・打(立ち回り)。
五法とは、手(手振り)・眼(視線)・身(姿勢)・歩(足さばき)・法(行い)

 なお、昆劇とは14世紀半ば、江蘇省昆山一帯で生まれた伝統芸能です。笛や簫(縦笛)、笙(管楽器の一種)、琵琶を伴奏楽器に使い、きめ細やかさと優雅さが特徴です。16~18世紀末まで、昆劇は文人の間で流行し、後の時代の戯曲や演劇に大きな影響を与え、「百劇の祖」とも言われています。また、演劇の世界三大ルーツの一つともされています。

 清の乾隆年間以降、昆劇は衰退し始め、2000年になりますと、中国には昆劇に携わる人は約800人しかいなくなったと見られていました。2001年には、昆劇はユネスコの世界無形文化遺産に指定。その後、若手俳優の育成や、若者向けの新しいスタイルの「新昆劇」の試みなどにより、近年、昆劇人口が少しずつ増えています。

 日本では、京劇役者の坂東玉三郎さんが京劇の梅蘭芳(メイ ラン ファン)先生への憧れの中で、そのルーツが昆劇であると市ってから、2008年、蘇州昆劇院で稽古を受け、一緒に昆劇の代表作、『牡丹亭』を演じ、中国と日本の各地でツアーをしました。

【プロフィール】

山田晃三(やまだ こうぞう)さん

图片默认标题_fororder_头像

1969年神戸市出身。京都外国語大学卒業。
北京第二外国語大学での交換留学を経て、1993年から北京師範大学大学院に進学し、中日経済関係を専攻する。留学のかたわら、1991年から世界無形文化遺産である崑劇の稽古に取り組み、北方崑曲劇院の俳優戴祥麒氏、張毓文氏(国家級無形文化遺産伝承者、国家一級俳優)に師事、「夜奔」「問探」「刺虎」「借扇」「擋馬」「三岔口」「下山」「挑滑車」など多数の崑劇及び京劇を習得。

2009年~2019年、北京大学で日本語を教える。2016年2月、自らの中国論の集大成となる「北京彷徨 1989-2015」(みずのわ出版)を出版。

 

この番組をお聞きになってのご意見やご感想をぜひお聞かせください。メールアドレスはnihao2180@cri.com.cn、お手紙は【郵便番号100040 中国北京市石景山路甲16号中国国際放送局日本語部】もしくは【〒152-8691 東京都目黒郵便局私書箱78号 中国国際放送局東京支局】までにお願いいたします。皆さんからのメールやお便りをお待ちしております。

コメント()

ラジオ番組
12月8日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕