外交部、朝米対話が問題の解決案を求めるよう期待

2019-10-08 20:30  CRI

 外交部の耿爽報道官は8日、定例記者会見で、「朝米双方は辛抱強く歩み寄り、対話を通じてともに関心のある解決案を求めてほしい」と述べました。

 朝米双方は5日、スウェーデンのストックホルムで交渉しましたが、その後の記者会見で朝鮮側は「予想した目的に至らず決裂した」と述べました。一方で、米国国務院の報道官は「よい話し合いができた。2週間後に再び討論しようと提案した」と述べました。

 これについて耿報道官は、「中国は双方の立場を見守っている。朝鮮半島の非核化と持続的な平和は大勢の赴くところであり、国際社会の普遍的な期待と共通認識でもある」と述べました。(hj 森)

コメント()

ラジオ番組
10月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强