各国の映画人が「映画祭モード」に突入=上海

2019-06-16 14:30  CRI

图片默认标题_fororder_G图片3-1

第22回上海国際映画祭の審査委員(撮影:張晗)

 第22回上海国際映画祭(SIFF)が15日から10日間にわたって開催されています。この映画祭は、中国でただ一つ、国際映画製作者連盟(FIAPF)が公認するコンペティティブの長編映画祭であり、長年にわたって映画産業に関わるプラットフォームを作り、中国映画に新たな力を注ぎ、中国を映画大国から映画強国へと後押ししています。

图片默认标题_fororder_G图片3-2

『THE CLIMBERS』制作陣(撮影:張晗)

图片默认标题_fororder_G图片3-3

女優の湯唯(タン・ウェイ)(撮影:高夢宇)

 この開幕式で、慎海雄中央宣伝部副部長・中央広播電視総台(CMG/チャイナ・メディア・グループ)台長が挨拶し、「今年の映画祭は『アジアの視点』を堅持し、時代の発展を映し出した優秀作品を集め、時を越えて魅力のあるアジアの映画作品を披露し、上海の都市文化に花を咲かせるものだ。我々は友人の輪『一帯一路』を拡大し続け、アジア各国の映画人や映画文化の相互連結や相互学習を促進し、互いの文化への理解や評価を深め、文明のすばらしさを宣伝し、アジア運命共同体・人類運命共同体への文化の土台を築きたい」と述べました。

 国際的影響力と文化的宣伝力が高まる中、今回の最優秀作品賞にあたる「金爵賞」への注目度も高まっています。今回は、中国からの3作を含む合計15作品が「金爵賞」のコンペティション部門にノミネートされました。審査委員会の委員長を務めるトルコの映画監督ヌリ・ビルゲ・ジェイラン氏は開幕式で、「映画の魅力は真の映画人をすべての人々に見せることにある。審査委員と平等に話し合いながら最優秀作品を選びたい」と語りました。(怡康、森)

コメント()

ラジオ番組
7月22日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅