在日中国人画家一家の作品展開催 両国の文化受け継ぐ

2019-05-13 15:00  CRI

 東京にあるホテル椿山荘で9日から15日にかけて、家族で絵画を描いている在日中国人の馬驍さん、王荻地さん夫婦と、娘の馬艶さんの作品展が開かれています。作品は花や生き物、自然の風景を描いており、訪れた絵画ファンがそれらをカメラに収めています。この3人の作品展は2010年に始まり、今年で10回目を迎え、中日両国の芸術ファンに注目されています。

 1979年、中国の水墨画を日本に伝える「馬驍水墨画会」が発足し、これまでに1000人近くの日本人を育成しています。芸術界の巨匠・平山郁夫氏は、馬さんの水墨画について、「非凡な描写力と水墨の妙を融合させて、新境地を開いた」と評価しました。

 また、同じく日本の画家の加山又造氏は、王さんの作品はわかりやすく女性特有の優雅さがあふれていると評しました。今回展示された作品は、色と光の関係や、様々な光の中の花や鳥を描き出し、躍動する生命力を表現しています。

 そして娘の馬艶さんは、11歳のときに両親とともに日本に移り住み、のちに北京大学や中央美術学院で学びました。そして2006年に日本で「艶墨会」を発足させ、色と伝統の墨を混ぜ合わせた上、各国の画風もしみ込ませたスタイルを生み出しています。(殷、森)

图片默认标题_fororder_J5-1

馬驍さん(前)、王荻地さん(右)と教え子たち(人民網)

图片默认标题_fororder_J5-2

作品展の様子(人民網)

コメント()

ラジオ番組
5月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮