「一帯一路」への支持が拡大 更なる推進を=日本学者

2019-04-30 14:29  CRI

00:00:00
00:00:00

 100ヵ国以上から数千人の各界代表が参加した第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムは27日に閉幕しました。日本のシンクタンク代表としてサミットに参加した「一帯一路」日本研究センターの進藤栄一理事長は、帰国後にCRIの取材に応じ、「中国は世界に向けて改革を深めていくシグナルを発し、『一帯一路』への各国の信頼を深めた。『一帯一路』がさらに発展し、国際社会で積極的な役割を果たすよう望む」と表明しました。

 進藤理事長はまた、「その意義は明白なものだ。発展途上国を中心に世界各国で『一帯一路』への支持が広まっている。これは特に印象深かった」と述べました。

 進藤理事長は今回のサミットで、シンクタンクフォーラムに参加し、「一帯一路」に対する意見や日本の今後の責任を述べ、グローバルガバナンスに対する「一帯一路」の意義を高く評価しました。

 これについては、「21世紀はアジアの世紀であり、それをリードしていくのは『一帯一路』だ。21世紀のグローバルガバナンスの体系を築き、世界の新たな秩序を確立させ、国際的な視野を備えるものだと強調した」と述べました。

 さらに、「これからは、新しい世紀、新しい世界が『一帯一路』を中心に作られる。日本がこれをより重視し、前向きな姿勢で加わるよう望む。日本の企業や若者が早期に参加し、日中間の交流を通じて、社会的そして文化的な21世紀版『シルクロード』を作り上げてほしい」と述べました。(Mou、森)

コメント()

ラジオ番組
9月15日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
孟群