アラブ連盟、米国のエルサレムとゴラン高原への立場に断固反対

2019-04-01 15:24  CRI

00:00:00
00:00:00

图片默认标题_fororder_u=1330913772,2846450226&fm=175&app=25&f=JPEG

 アラブ連盟の第30回首脳会議が3月31日、チュニジアで行われました。会議ではコミュニケが発表され、エルサレムとシリアのゴラン高原に対する米国の立場に断固として反対することが表明されました。

 21の加盟国の国家元首、政府首脳や代表らは、当日行われた会議に参加した後でコミュニケを発表し、「パレスチナ問題はアラブ国家の重要問題である。エルサレムをイスラエルの首都と承認する米国の決定は無効かつ違法なものであり、アラブ国家は断固としてこの決定に反対する。東エルサレムはパレスチナの首都であり、各側はエルサレムの現行の法的地位と政治的属性を変える行動を行うべきではない」と示しました。

 ゴラン高原問題に対しコミュニケでは、「米国は、イスラエルがゴラン高原に対する『主権』を有すると認めたが、これは国際法に違反している。形式的にも内容的にも無効である」と指摘しました。

 また、コミュニケは「シリア危機の政治的解決を支持し、レバノン、イラク、リビア、スーダンなどのアラブ国家の安全と安定の維持を支持する」としたうえで、アラブ国家の反テロの決心を強調しました。(RYU、謙)

コメント()

ラジオ番組
8月3日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强