チベット、貧困扶助事業として就業工房を立上げ

2019-03-18 13:15  CRI

 チベット自治区省都のラサ市ニェモ(尼木)県で16日、貧困扶助へ無形文化遺産として就業工房が立ち上がりました。対象エリアは10ヵ所で、チベットでは初めての試みとなります。

 国家文化観光部は去年、カルチャー産業で貧困を支援し伝統手工芸の振興をはかるため、無形文化遺産と貧困扶助を重点的に実施する10ヵ所を指定し、現地で就業工房の設立支援を始めています。

 無形文化遺産には、ニェモ県を拠点にしているチベット香の製造、タルチョー(五色の祈祷旗)、普松郷の彫刻、雪拉村の紙など多くの伝統工芸が指定されました。

 チベット自治区文化庁の責任者は、「就業工房の設立は、手工芸を伝えるだけでなく、所得の向上にもつながる」と説明しています。

 ニェモ県では、地元出身の様々な職人25人からなる貧困扶助ボランティアチームが指導に当たっています。政府は去年、この事業の教育やデザイン、展示に予算100万元を計上しており、今年度はさらに30万元を追加するとのことです。(Yan、森)

コメント()

ラジオ番組
7月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳