中国における農民の貧困脱却に一役買う特色ある農業

2019-03-06 09:21  CRI

图片默认标题_fororder_FOREIGN201903051647000030761659715

图片默认标题_fororder_FOREIGN201903051647000038987467945

 内蒙古(内モンゴル)自治区赤峰市西部にある小廟子村は、人口2700人だが、その耕地面積はわずか358ヘクタールしかない。人口が多い割に土地が少なく、土地資源に限りがある一方で、農業生産スタイルも立ち遅れていることから、同村はこれまで深刻な貧困問題に悩まされてきた。しかし、数年前にニンジンや中医学の薬用植物の栽培を始めたことをきっかけに、村は独自の発展の道を歩み始めた。人民日報が伝えた。

 キキョウ(桔梗)を中心とする中医学の薬用植物の栽培は、小廟子村の伝統的産業だ。資源を集中させる目的で、村に合作社(農協に相当)を立ち上げた。合作社は使用権が流動していた農地を一括して集め、農民に対して農作物の種と技術指導、市場情報を統一して提供し、農産物の統一販売を実施した。昨年、村には、農業用冷却棚10ヘクタールとビニールハウスの点滴灌漑施設180ヘクタールが新設され、現在までに全村の薬用植物栽培面積は147ヘクタールを上回るまでとなり、栽培品種はキキョウ、ツリガネソウ、トウジン、ボウフウなど20種類以上、村民約600人の雇用を実現した。

 村民の張淑玲さんは、「キキョウをそのまま販売した場合、安値でしか売れないが、皮をむくと500グラムあたり0.8元(1元は約16.7円)で売れる。薬用植物の収穫期になると、1ヶ月で7~8千元を稼ぐことができる」と話す。

 特色ある農業は村のターゲットをしぼった貧困脱却に一役買っている。以前、村で認定登録された貧困家庭は、51世帯104人に上っていたが、ここ2年で36世帯70人が貧困から脱却し、今年にも村民全員が脱却できるとみられている。

 小廟子村は、昨年1年間で、総距離4.5キロメートルにわたる村を循環する村道を新たに敷設し、郷村幹線道路には街灯を設置し、学校のグランドにタータントラックを敷設したほか、浸水漏水を防ぐごみ埋め立て処分場さらには民俗館や郷村観光案内センターも建設した。

 小廟子村は、中国における特色を生かしたターゲットをしぼった貧困脱却を実現した縮図といえる。過去5年間で、中国では約6千万人が貧困脱却を果たした。これは、3秒ごとに1人が貧困から脱却している計算となる。2018年、中国では農村貧困人口1386万人が貧困から脱却し、農村の貧困発生率は1.7%にまで低下した。各貧困地区の具体的な状況を合わせ、「ターゲットをしぼった点滴灌漑」式貧困脱却行動を展開することで、中国の農村貧困人口は、計画通り、2020年までに全員が貧困から脱却できるとみられている。(編集KM)

「人民網日本語版」2019年3月5日

コメント()

ラジオ番組
3月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强