歌で深める中日交流「第6回中日友好故郷自慢歌合戦」開催

2019-02-24 18:10  CRI

图片默认标题_fororder_s1
图片默认标题_fororder_s3

 北京日本倶楽部の主催による「第6回中日友好故郷(おくに)自慢歌合戦」が23日、日本大使館多目的ホールで開催されました。年明けの北京の恒例イベントである歌合戦は2019中日青少年交流推進年認定事業の一環でもあり、大学生たちや子供連れの家族チームが多く出場する様子も見受けられました。今年は計41都道府県の代表がそれぞれの郷土の誇りを胸に熱唱しました。

图片默认标题_fororder_s6.JPG
日本大使館の四方敬之公使

 日本大使館の四方敬之公使は開幕の挨拶で、「本日は心ゆくまで歌い、共に楽しみ、大いに盛り上がっていただければと思う。皆様の歌声が本年と日中関係の発展を更に後押ししてくれるものと確信している」と語りました。

图片默认标题_fororder_s8.JPG
向井保夫委員長

 日中友好故郷自慢歌合戦実行委員会の向井保夫委員長は、「今年41チームのうち、21チームのメンバーが中国の方のご参加をいただいている。この歌合戦を通じて、日中友好の絆がさらに深めれば我々としてもありがたい」と話しました。

图片默认标题_fororder_s7.JPG
アーティスト董芷依さん

 また、都道府県代表選手によるパフォーマンスのほかにも、アーティスト董芷依さんがゲストとして登場し、日本の女性歌手・大塚愛の歌「甘えんぼ」を披露しました。

图片默认标题_fororder_s4.JPG
優勝者王慧さん

 今大会では、3位、準優勝、優勝に加えて、素晴らしいパフォーマンスのチームに送られる特別賞が5つ設けられました。優勝に輝いたのは富山県代表の王慧さん(曲:「逢いたくていま」)でした。優勝コメントでは「桂林で日本人向けの観光ガイドをしている叔父の影響で、日本語学習を始めた。本当は叔父と一緒に今回の歌合戦へ出場する約束していたが、残念ながら末期ガンで亡くなってしまった。病床に伏せりながらも歌合戦の出場をずっと励ましてくれた」と語りました。王さんは去年の歌合戦では準優勝でしたが、今年は叔父の想いと共に歌を披露し、優勝を勝ち取りました。(取材:とんとん&星)

图片默认标题_fororder_s2
特別賞を受賞した宮崎県代表

图片默认标题_fororder_s9.JPG
歌と太極拳をコラボしたパフォーマンス

图片默认标题_fororder_s5.JPG
特別賞を受賞した静岡県代表

 

コメント()

ラジオ番組
3月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同