懐かしの味・豆香干を求めて 貴州省ミャオ族

2019-01-25 09:42  CRI

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901241002000266678165836

 春節(旧正月、今年は2月5日)には大晦日の夜に花火を打ち上げ、一家団欒を楽しむ。さらには帰省する子供たちのために親たちが年越し料理を準備するというのも、正月ムードを盛り上げる要素の一つだ。人民網が報じた。

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901241002000274787784108

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901241002000276371921933

 1月20日、貴州松桃苗(ミャオ)族自治県大坪場鎮に住む劉少超さんと妻の楊紅連さんは朝早くから起きて、春節に備えて、「豆香干」を作るために、マメを挽き、火を焚いて湯を沸かし、コンロを掃除した。「豆香干」は、苗族伝統のマメ料理で、こして、あぶり、煮込むなどの約10工程全てを手作業で行う。

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901241002000275632008828

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901241002000282460645935

 劉さんは母親の符紫先さんの実家に伝わるレシピに従って豆香干を作っている。劉さんで少なくとも4代目の継承者になるという。

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901241002000287641476837

 

 符さんは、「もうすぐ春節だが、長男は別の都市で働いているため、今年は帰ってこれない。そこで今日は特別に豆香干を作って、息子に届けるつもり。息子が帰ってこれなくても、実家の豆香干を食べることで、故郷の味を忘れないでほしい」と話した。「人民網日本語版」http://j.people.com.cn/

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍