1メートルを1キロまで引き伸ばして作る国の無形文化財「成都銀花絲」

2019-01-10 11:38  CRI

 中国の宋の時代に生まれ、すでに約2000年の歴史を誇る四川省の成都銀花絲は、2008年に国家級無形文化財リストに登録された。銀花絲の製造工芸は複雑で、その造りは精巧だ。1本1メートルの箸のような太さの銀料を1000メートルの長さまで引き伸ばしても切れることはなく、髪の毛と変わらぬほどの細さにまで伸ばしていく。中国新聞網が伝えた。

 職人たちは設計図に基づき、銀の絲線を異なる太さに捏ねて、図案の輪郭をまず形作っていく。その後、異なる技法を用いて、輪郭の中の模様を埋めていく。全ての工程は手作業で行われており、1対のイヤリングを作るだけでも、1週間かかるのだとという。(編集TK)

「人民網日本語版」2019年1月10日

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901101030000502496023143

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901101030000502136936563

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901101030000504405829417

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901101030000504480163432

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901101030000506281026072

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901101030000506507786782

图片默认标题_fororder_FOREIGN201901101030000507377565461

 

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
张强