時速350キロの最長の「復興号」、京滬高速鉄道に投入

2019-01-08 13:38  CRI

图片默认标题_fororder_火车1
写真は時速350キロで運行する16両編成の復興号(写真上)と17両編成の最長の復興号(写真下、コラージュ写真)。

 時速350キロで17両編成の最長となる高速鉄道「復興号」が5日、京滬高速鉄道に初めて登場した。今回初めて投入された17両編成の最長の「復興号」は全長439.9メートルで、定員は1283人。その輸送能力は16両編成よりも7.5%アップし、北京南駅と上海虹橋駅を結ぶG9とG16号列車の運行任務に就くことになる。中国新聞網が伝えた。(編集TK)

 「人民網日本語版」より http://j.people.com.cn/

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圆