中国の詩人・西川氏、チカダ賞と東京詩歌賞を受賞

2018-12-07 00:05  CRI

 詩人・エッセイスト・翻訳家で、北京師範大学特任教授の西川氏(シーチュアン/1963年江蘇省生まれ)に「チカダ賞」と「東京詩歌賞」を授与する式典が6日、北京のスウェーデン大使館で行われました。

 「チカダ賞」(中国語「蝉賞」)は、スウェーデンの詩人でノーベル文学賞受賞者のハリー・マッティンソン(Harry Martinson)生誕100周年を記念して、2004年に設立されました。東アジアと西側諸国の詩歌による交流を目的としたこの賞は、これまでに中国、日本、韓国、ベトナムなど、主に東アジアの詩人に授与されています。西氏の受賞理由は、「命の不変性に対する尊重を機微に富んだ形で表現した」とのことです。

图片默认标题_fororder_1.JPG
ヴァリエ審査委員長(左)とアンナ(Lindstedt Anna)在中国スウェーデン大使(中央)から「チカダ賞」表彰状と記念品を受け取る西川氏

图片默认标题_fororder_2.JPG
スウェーデンの陶芸家が西川氏の受賞を記念して創作した作品

 スウェーデンから駆けつけた「チカダ賞」審査委員長のラーシュ・ヴァリエ(Lars Vargö)氏は、「西氏の詩はジャンル分けが難しいくらい内容が豊かであり、宇宙の形を変えた何かを感じ取ることができる」と高く評価していました。

 表彰状を手にした西氏は「1980年代からマッティンソンの詩を読んでいたが、この由緒ある賞をいただいて嬉しく思う」と述べました。

图片默认标题_fororder_3.JPG
田原氏(左)から「東京詩歌賞」を受賞する西川氏

 式典ではまた、今年新設された「東京詩歌賞」の授与式も行われました。日本での第60回H氏賞(日本現代詩人会主催)の受賞者で、翻訳家である田原氏(ティエン・ユアン/1965年、河南省生まれ)と東京大学の阿部公彦教授の共同発案により設けられたものです。東京から駆けつけた田氏は「外国語に訳されても良さがしっかりと伝わっており、世界に通じる素敵な詩を書いている」として、トロフィーを西氏に渡しました。

 なお、西氏初の日本語詩選(翻訳:竹内新)について現在、思潮社により翻訳などが進められており、年内にも刊行される予定とのことです。

 授賞式には欧陽江河氏、胡旭東氏、樹材氏など中国で活躍中の現役詩人も数多く出席しました。(取材:王小燕)

コメント()

ラジオ番組
12月10日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
李阳