習主席の訪問と「一帯一路」をポルトガル語圏の学者らが評価

2018-12-06 11:07  CRI

00:00:00
00:00:00

图片默认标题_fororder_C大

 ポルトガルのレベロ・デ・ソウザ大統領の要請に応じ、ポルトガルへの公式訪問を行っていた習近平国家主席は現地時間5日、リスボンで、コスタ首相と共に双方の協力に関する調印式に立ち会いました。

 数多くある調印文書の中には、『中国政府とポルトガル政府の「一帯一路」建設の共同推進に関する覚書』も含まれています。

 「一帯一路」の提唱は、ポルトガルの政治、経済、学術界で積極的に評価されています。同国で「一帯一路」を研究する学者のパウロ・ドゥアルテ氏は、「『一帯一路』は陸地と海洋をつなぎ合わせ、社会全体に、ひいては地球全体に平和をもたらすものだ」と評価しています。

 また、今回の訪問について、ブラジルのシンクタンク「ジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV)」で対中関係を研究するエヴァンドロ・カルヴァーリョ氏は「習主席の訪問は中国とポルトガルの経済貿易、文化などの分野における協力に新しいチャンスをもたらし、『一帯一路』の枠組み内における両国の交流と協力を深めるだろう」と述べました。

 カルヴァーリョ氏はまた、「来年は、中国・ポルトガルの国交樹立40周年およびマカオの祖国復帰20周年を迎える。マカオは、中国とポルトガル、およびその他ポルトガル語圏の国々との協力の絆である。習主席の訪問で、双方の持続的な対話メカニズムの場が与えられた」との見解を示しました。

 同氏によりますと、ポルトガルは文化の宣伝や他国との交流を重視する傾向にあり、今後、さらなる文化面での発展や人的・文化的交流が期待されているということです。(殷、RYU、謙)

コメント()

ラジオ番組
12月10日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍