12月3日 月曜日

2018-12-03 17:22  CRI

图片默认标题_fororder_W020181017561908021318

00:00:00
00:00:00

 1時間目 CRI時評&レンタルライフ時代&標準日本語

 【CRI時評】

 習主席が今年の元首外交の最終局面を展開する旅で、スペイン、アルゼンチン、パナマ、ポルトガルはいずれも、開放型の「一帯一路」という一大プラットフォームの建設に参与することを採択し、中国との協力にウィン・ウィンの路線図を見出した国です。

 <ライフマガジン>

 話題1:レンタルライフ時代

 中国青年新聞社社会調査センターと問巻網はこのほど、18歳から35歳の若者1956人を対象とした調査を共同で実施し、調査対象となった若者の70.9%は、「買わずにレンタルするという消費スタイルを経験したことがある」と答え、「物品がモデルチェンジするサイクルは非常に短いため、レンタルによって最新のトレンドを随時体験することができる」と考える人が57.4%を占めました。

 話題2:「標準日本語」、日本語学習者と共に30年歩んだ

 北京市では、このほど、数多くの日本語学習者をサポートし続けてきた日本語テキスト「中日交流標準日本語」の出版30周年を記念する座談会が開かれました。今年は中日平和友好条約締結40周年の年にあたるだけでなく、中国の改革開放40周年の年でもあります。中国が外国に対する扉を開いて間もなかった1980年代初期、光村図書出版株式会社は初めて中国側と業務協力のチャンスを模索した日本の出版社でした。その後30年間にわたり発展を続けた『標準日本語』は数多くの読者を惹きつけ、中日両国の文化交流促進において積極的な役割を果たしてきました。

 2時間目:<チャイナ・ライフ2018> (1)高齢化社会

 今年、2018年もそろそろ終わりに近づいてきました。この一年、中国でどんな新しい出来事があったのか、中国人のライフスタイルにどんな新しい変化が現れたのでしょうか。「ハイウェイ北京」、今月から月曜日の2時間目には、SPシリーズ・「チャイナライフ2018」をお届けします。この一年中、中国人の生活にまつわる新しい出来事や変化を取りまとめてフラッシュバックしましょう。今日は1回目、深刻になりつつある中国の高齢化問題に迫ります。興味のある方は是否最後までお聞きください。

 豊かな国の消費が人口数と釣り合っていないということも深刻な課題となります。環境シンクタンクのワールドウォッチ研究所が提供したデータをみると、生活のニーズを満たすには、地球上のすべての人に1人あたり1.9ヘクタールの土地が必要ですが、米国人は平均約9.7ヘクタールを利用しています。米国人が標準とする生活を送るなら、地球が養える人口は最大でも現在の約5分の1の15億人だけだということです。

コメント()

ラジオ番組
12月11日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅