中国木製人形彫刻技術を後世に伝える

2018-11-30 12:00  CRI

 福建省漳州の木製人形彫刻は2006年、国家級の無形文化遺産リストに登録されました。徐竹初さん家族は代々人形作りに携わり、漳州の木製人形彫刻を代表しています。1938年福建省漳州生まれの徐さんは、国家一級の美術家で6代目の伝承者です。また、国家級無形文化遺産の伝承者に認められています。現在、徐さんは息子の徐強さんと漳州第二職業中等専門学校と連携して、木製人形工房を設立し、伝統技術を後進に伝えています。(殷、星)

图片默认标题_fororder_1

图片默认标题_fororder_2

图片默认标题_fororder_3

图片默认标题_fororder_4

图片默认标题_fororder_5

图片默认标题_fororder_6

图片默认标题_fororder_7

 

コメント()

新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
张强